忍者ブログ
☆パリ帰りのミュージシャン、不慣れ?な日本での日常☆ 料理のこと、ワインのこと、旅のこと・・・ ♪もちろん、音楽のことも♪
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
2018年5月5日(祝)in F 15時ライブスタート
  Marin Marais Special Session 2018 vol.2
   avec 富川勝智(バロックギター)、阿部まりこ(バス・ド・ヴィオール)

2018年5月29日(火)草月ホール 
   『ほぼ日の学校』レクチャーコンサート「シェイクスピアと音楽」講師:河合祥一郎
      with 佐藤裕希恵(ソプラノ)、太田光子(リコーダー)、坂本龍右(リュート)

2018年7月3日(火)南青山マンダラ 『南青山マンダラ・宮廷フェス』 19時30分ライブスタート
 第2ステージ(20時30分ごろ~)
   Marin Marais Special Session 2018 vol.3
   avec 中家春奈(バス・ド・ヴィオール)、渡辺玲子(クラヴサン)

2018年7月4日(水)南青山マンダラ 『南青山マンダラ・宮廷フェス』 19時30分ライブスタート
   フランスカンタータと特別ステージ
   avec 日野祐季・坂本知亜紀(ソプラノ)、菊池香苗(フルート)、
     阿部まりこ(ヴァイオリン)、鎌田茉帆(クラヴサン)
    スペシャルゲスト:斎藤ネコ(ヴァイオリン)

拍手[0回]

PR

青山マンダラが宮廷になるシリーズ、その3
mandala20180403
お花見のラストチャンスにも関わらず
集まってくれた大勢のお客さんに囲まれて、
前半のフルートデュオ、inégalitéの後での後半は
クープランの曲を並べて、久しぶりに真面目な?ステージ
P_20180403_171425

今晩のライブセットは以下の通り:

François Couperinフランソワ・クープラン 生誕350周年
1) 10e concert royal, Prélude / Air tendre et louré
   ( Les goûts réunïs ou les Nouveaux Concerts )
2) La Voluptueuse
   (1er livre de pièces de clavecin / Récueil des Airs Sérieux et à Boire 1718.11)
3) « Qu’on me dise plus »
   ( Récueil des Airs Sérieux et à Boire 1697.03 )
4) 4e concert royal, Rigaudon
   ( Concerts Royaux )
5) Bertrand de Bacilly, « Auprès de beaux yeux »
   ( 1er livre des airs, réimpression en 1668)
6) 14e concert royal, Sarabande
   ( Les goûts réunïs ou les Nouveaux Concerts )
7) Marche des gris vétus
   ( 1er livre de pièces de clavecin / Récueil des Airs Sérieux et à Boire 1721.04 )
8) 3e concert royal, chaconne léger
   ( Concerts Royaux )
9) « Doux liens de mon coeur »
   ( Récueil des Airs Sérieux et à Boire 1701.08 )

樋口麻理子 Mariko Higuchi, dessus
阿部まりこ Mariko Abe-Nakayama, violon
佐藤理州 Masakuni Sato, clavecin
中山真一 Shin Nakayama, basse de viole


29994143_10214770363626839_382819439_o
29994297_10214770364266855_1816240083_o
29994662_10214770362586813_187226493_o

拍手[0回]

今宵は桃園川遊歩道沿いにあるカフェモモガルテンで
一般社団法人ねこのてひつじ企画の共催によるチャリティーコンサート
超満員のお客さんに囲まれて、ルイ14世晩年の時代の音楽をたっぷり。

早々に予約が締め切られたこともあって、入りきれないお客さんもいたことだし、
また次にモモガルテンでのコンサートができると良いね。

今日のプログラムは、↓


拍手[0回]

大瀧詠一ライブ、第2弾は末広町、
お馴染みのカフェ・トリオンプへ。
niagara201803
開演前に会場におとずれたフルートの仲間知子ちゃんが
急遽きょうの4人目のメンバーに加わって、数曲の参加。
そしてアンコール用に、さらにレパートリーを追加。

曲によってはコーラス部分のアレンジを新しく加えたり
少しずつ充実感が増してきたみたい。

次はまだ未定だけど、夏前ぐらいにできると良いかな。

今日のセットリスト:
1st
カナリア諸島にて
銀色のジェット
雨のウェンズディ
ガラス壜の中の船
スピーチバルーン
 
2nd
A面で恋をして
さらばシベリア鉄道
ペパーミントブルー
恋するカレン
夢で逢えたら(with 石塚裕美vo. & 仲間知子fl.)
 
bis
楽しい夜更かし(with 仲間知子fl.)
五月雨

拍手[0回]

去年の暮れ近く、ギターの富川勝智さんとセッションしながら
なんとなく共通の好みが合ったところで
ヴォーカルの大和真二郎くんを誘ってスタートしたプロジェクト、
きょうがその1stライブ@下北沢。
niagara201803

駅前の市場のあたりが後影もなくなってしまって、
北口に下りたとたんに一瞬うろたえてしまったが、
初めてのハコ「ラウンlown」での最初のライブ、セットリストは
1st set P_20180314_192214
 カナリア諸島にて
 銀色のジェット
 雨のウェンズディ
 ガラス壜の中の船
 スピーチバルーン
2nd set
 A面で恋をして
 さらばシベリア鉄道
 ペパーミントブルー
 恋するカレン
 夢で逢えたら
bis 五月雨

拍手[0回]

午前中に対位法のレッスン、
昼からフランスバロック音楽アトリエのためのミーティング、
その後は翻訳兼執筆作業
練習もしなくちゃなぁ、ってわけで、
ちょこちょこと近所に外出する以外は
自宅でいろいろなことを進める日。

進めると言えば、このところ自転車が
手入れしても進まない感が出てきてたのでチェーンを交換。
外して新品のチェーンと比べてみたら
けっこう伸びている…106リンクで7mmぐらい?!
そりゃ走らないわけだよな。
というわけで、今まではShimanoの50番台のチェーンだったのを
70番台のチェーンにちょっぴりグレードアップ。
色が銀色だね~(笑)50番台は新品でも黒っぽい
走った感じが変わるかな。きょうはもう(いま夕方)気温も低いので、
明日以降、銀色がどんな感じだか楽しみ。

拍手[0回]

大泉学園インエフで初めて古楽だけライブ。
久しぶりにpardessus de violeパルドゥシュのレパートリーを、
今回はフルートとデュオの作品を集めての一晩。

先週初めぐらいまでは久々すぎて楽器が鳴らなくて苦労したけど
何回か合わせのセッションをしているうちに
音も馴染んできて、やっと音楽っぽいことができるようになって
今日のライブをすることができた。
やっぱり、パルドゥシュも普段から弾くようにしないとダメだね。

今宵のライブセット:

-Carlo Tessarini, Pantomime 2 a due violini o sia pardesus de viola
-Charles Dollé, Sonata 1 pour deux pardessus de violes sans la basse
 
~  Largo, Allegro ma non tropo
-Clair Nicolas Roget, Sonata III pour deux pardessus de viole (oeuvre 1er)
<休憩>
-Clair Nicolas Roget, Sonata I pour deux pardessus de viole (oeuvre 1er)
-Charles Dollé, Sonata 1 pour deux pardessus de violes sans la basse
  ~  Menuetto amoroso, Allegro ma non tropo
-Carlo Tessarini, Pantomime 1 a due violini o sia pardesus de viola

仲間知子 Tomoko Nakama, flûte traversièreトラヴェルソ
中山真一 Shin Nakayaam, pardessus de viole à 5 cordes 5弦のパルドゥシュ

どれをとっても1750年以降のレパートリー。
もうバロック音楽じゃないかも。

次は、月末のコンサートまで、ちょっとお休み♪

拍手[0回]

今年2本目のフランスバロック音楽ライブは赤坂・カーサクラシカで。
夕刻からは雪が降る寒い晩だったけど、
後半のカンタータ『もう何も!』での坂本知亜紀さんの芝居も楽しく、
大勢のお客さんの笑い声につつまれた温かいライブだった。
DSCN9421

今晩のライブセットは
François Couperin, 2e concert royal ~ prélude / allemande
Louis Nicolas Clérambault, cantate « le soleil »
------entr'acte------
François Couperin, 9e concert «Ritoratto dell'amore » ~ le charme
François Couperin, 11e concert ~ courante
Nicolas Racot de Granval, cantate comique « Rien de tout»


そして今日は今年のルソン・ド・テネブルのコンサートのチケット発売日
HGS_Lecons2018

拍手[2回]

今年は1月も2月も、フランス音楽アトリエが月末の最終日!
きょうは参加者それぞれが持ってきた曲を様々な方向から検討してみて
特有のフランス音楽らしさとか曲の特徴をどう作るか、という午後。

来月は体操のアトリエ!!
その前に明日は派手派手カンタータ・ライブ

拍手[0回]

今年はMarin Marais Special Sessionでのライブスケジュールスタート
南青山マンダラで恒例のフランス宮廷音楽シリーズ、
19401331_10213684509369891_137260454_o
今回は前半の担当で、ちょっとお笑い(?)を混ぜたライブセット。
17世紀終わりの賑やかな宴席を思い起こさせるように演出してみたつもり。

松が取れたばかりというのに、大勢かけつけてくださったお客さんも
楽しんでいただけたようで良かった。

今日のライブセットは:

1) Marin Marais, prélude (II-65)
2) François Couperin, « la séduisante » (9e ordre) à 2 basses de violes
3) M. Boulley, air à boire « les mets du haut goût » (RASB octobre 1717)
4) Marin Marais, « la pointilleuse » (V-86)
5) « la crème brulée » sur l'air de Atys « Quand le péril est agréable » de Lully
    (Féstin joyeux, ou la cuisine en musique...)
6) Marin Marais, « le jeu du vollant » (V-87)
7) François Couperin, « la pastorelle » (1er ordre / RASB août 1711)
8) François Couperin, « les barricades mystérieuses » en concert (clavecin et 2 violes)
9) Marin Marais, « le badinage » (IV-87) pour clavecin
10) chaconne « Qu'on pense tendrement » (RASB 1695) ~Marin Marais, 2e moité de la chaconne II-124

拍手[0回]

カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
PRだよっ!(^^)v
最新コメント
[04/05 せいちゃん]
[04/28 アキコ]
[12/31 Jazz]
[03/30 Jazz]
[03/22 おりりん]
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
ちょっと遊び♪
忍者ブログ [PR]